Simplicityの後釜、Cocoonを使ってみた。

Web

 

つい3日程前、Simplicityの後釜として、Cocoonが発表されました。

ワードプレスの無料デザインといえばSimplicityかStingerを使っている人が多いかと思いますが、ここにきてその2つともがアップデートされています。ワードプレスのテーマも世代交代の時期でしょうか。

さて今回のCocoonの前身テーマであるSimplicityは、何が利点だったかと言えば、カスタマイズの幅の広さと、分かりやすさだったと思っています。何にせよSimpicityはテーマとしてかなり使いやすいんですよね。あれこれしたい、という要望に柔軟に対応してくれる為、私も使い始めてもうそろそろ3年になるテーマです。有料テーマもいくつか使いましたが、結局Simplicityに戻ってきたり。

 

それで、Cocoonは一体どういうものなのか。特に重要なのはSimplicityの利点を失わずに、機能が向上しているかどうかでしょう。まだ日が少ないので詳細な内容は難しいですが、一通り確認していきたいと思います。

 

ワードプレステーマ「Cocoon」 のんびり感想

 

 

まずCocoonでは、各種設定が「外観」の設定から殆ど独立しています。インストールした直後は「あれ?」と思ったのですが、こっちの方が使いやすいですね。

 


 

こちらがCocoonの設定。左から全体 ヘッダー 広告 タイトル SEO OGP アクセス解析 カラム インデックス 投稿 固定ページ 本文 目次 SNSシェア SNSフォロー 画像 ブログカード コード コメント 通知 アピールエリア カルーセル フッター ボタン モバイルボタン 404ページ スキン AMP 管理者画面 その他 リセット テーマ情報と並んでいます。ごめんなさいコピペです。

 

全体・ヘッダー

 

 

全体・ヘッダーはお馴染みの設定。ロゴ等を置くところですね。こちらはSimplicityと変わらず、とても使いやすいです。面白いところでは、ここの設定で簡単にサイト全体のフォントを変えることができます。見た感じ設定表示が全然ゴタゴタしていなくていい感じです。

 

広告設定

 

 

 

広告表示を決定できるところです。ただ、こと広告に関しては、Simplicityでもそれ専用のプラグインを使った方が便利でしたし、最近はAdsenseも学習型の広告を実装しているので、そこまでお世話になることはないかもしれません。

 

外部リンク

 

 

SEO関連では検索結果における基本的な表示が設定できます。「本文」のタグにて、内部・外部リンクの全体的な設定が簡単にでき、リンクをnofollow設定にするかどうかが選べます。SEO的に眉唾なところがあるリンクのfollow属性ですが、これをボタン一つで変えられるのは中々便利かも。尚このリンクはそれぞれ、クリックしたときにblank(別タブ)で表示するかself(同タブ)で表示するかも選ぶことができます。まぁ利便性を除くと離脱率の問題になりますし、外部をこれ一つでblankに出来るのはありがたいですね。一つ一つ設定していると結構骨が折れます。

 

目次

 

 

 

Cocoonの説明にも書いてありますが、Table of contentsライクな目次設定です。プラグインを介さずに出来るのはありがたいですね。

 

どうやら最初のH2タグの前に出るようです。ただ、目次は隠せませんでした。

 

フッター

 

 

他の設定はそこまでSimplicityと変わりませんが、最後にフッター。クレジット表記が簡単にできるようになっています。フッターのウィジェットをいじる必要がないのでデザインを考えた場合、ちょっと手間が省けるかも。やはりCocoonもSimplicityと変わらず「やろうと思えば出来るけど面倒くさい」カスタマイズをちょいちょいでやれるようになっているようです。

 

投稿画面

 

投稿画面で注目したい点は2つ。吹き出しとカラムの選択です。

 

吹き出しでは最初からキャラが選べます。やり方は簡単、文章全体をドラッグして、キャラを選ぶだけです。じゃあちょっと使ってみましょう。

 

最近よく様々なサイトでこういう吹き出しを見かけますが、正直私的には使う意義があまりないので「ふ~ん」って感じの機能です。使う人にはありがたいですね。

 

うさぎ
うさぎ

なかなかイラっとするコメントが出来上がりました。ホント簡単にできます。

 

いぬ
いぬ

またれよ。

 

!?

 

いぬ
いぬ

お前がやっている「海外の反応」にこれを使えばいいのではないか?

 

この機能は素晴らしい利便性を持っていると思います。流石ですね。

 

こういう寸劇はたまに長文を書くより効果が出る時があるので、やはりありがたい機能だと思います。

 


 

その次にカラム。これはありがたいですね。

カラムを使えばこんな感じに

2つ

ないしは3つに分けて表示できます。

 

もちろん画像もOK。LP等、配置がそのまま記事のパワーになる段階でなら、専用のプラグインを使った方が良いとは思いますが、気軽に設定できるのは嬉しいところです。

 


ちなみに編集画面だとこんな風に色分けされて出てきます。気配りが細かい。

 

ページ高速化

最後にページ高速化について。

これ結構難題で、Simplicityでもページ表示が80とかになったり、なんかGoogleから評価で怒られたりすることが多いです。「ほんとかよ?」と思って実際に計測してみた結果・・・

 

 

89点に。いや、これパフォーマンスデータが取得できていませんね。また今度調べます(HAHAHA

 

まとめ

 

 

非常に簡単な紹介・感想になりましたが、Cocoonは流石と言うか、使いやすいテーマに纏まっていると思います。現在は試験段階のようですが、これからアップデートされていくと思うとワクワクしますね。

Simplicity、Cocoon共に、例えるなら水とか空気みたいなテーマで、「とりあえず不自由なく色々できる」ものだと思っています。私は最初からSimplicityしか使ってなかったので、当初はありがたみがよくわかっていなかったのですが、他のテーマを使うと出るわ出るわ、不自由なことだらけだったり。やはりストレスなくブログのデザインを編集したり、記事を書けたりするのがいいですね。今後のアップデートも楽しみです。

 

 

コメント